社員インタビュー

風通しの良さが
会社の発展を支えてきました

エンジニアリング事業本部 本部長

鶴田 洋平 2005年入社

鶴田 洋平 2005年入社

エンジニアとしての経験を積み、マネジメントへ抜擢

エンジニア時代はソフトウェア開発を担当していました。ボデー系ECUの品質保証を7~8年経験した後、実装や設計にも携われるようになり、クリアランスソナーなどADAS(先進運転支援システム)アプリの開発も経験しました。ADASアプリは、チームの立ち上げからすべて、私が中心となり手掛けた新規プロジェクトでした。これまでのキャリアが認められた結果、任せてもらえたのだと思います。その後、マネージャーとしての経験を経て、現在はエンジニアリング事業部のトップとして、エンジニアの管理・運営、お客様との調整、経営層への報告など幅広い業務に対応しています。






仲間と考えた施策が業績につながる時、大きなやりがいを感じます



会社の方針をもとにエンジニアリング事業部の役割を計画立案し、目標達成のため日々、適格なマネジメントを心がけています。自分の考えが会社の業績に直接反映されるため、大きな責任として感じますが、仲間とともに考えた施策が会社の業績に繋がり、企業の成長に繋がる時は大きなやりがいを感じますね。現在、事業部には約400名の社員が在籍しています。規模が大きくなり、一人ひとりと向き合うことは難しい場面もありますが、事業本部長となった今も、メンバーそれぞれの考え方を尊重し向き合うことを心がけています。





コーワメックスの新たな強みを一緒につくってほしい

創業当時から携わっているメカ・エレキ部門とは異なり、ソフトウェア部門は約15年前からスタートしたため、社員の年齢層はさほど高くはありません。社内は和気あいあいとした雰囲気で、風通しが良いと思います。社員と社長も直接話す機会も多数あり、若手社員でも意見を言いやすく、社内のコミュニケーションがとりやすいことがコーワメックスの特徴でもあり、企業の発展に繋がったのではないかと思います。

自動車業界はいま変革の時を迎えており、新しい領域にどんどんシフトしています。今後はクラウドやAIなどの分野で、コーワメックスの新たな強みを創っていきたいです。私たちと一緒にコーワメックスを変えて、会社をより大きくしていける方を求めています。